5,500円以上のお買い上げで送料無料

CELA製造販売 オンラインショップ

安全性安全性

除菌力除菌力

消臭力消臭力

次亜塩素酸水の選び方

現在販売されている除菌・消臭用の次亜塩素酸水には、様々な品質やスペックのものがあるため、
「何を基準に製品を購入したらよいのか分からない」「見るべきポイントを教えてほしい」
というお声をよく耳にします。

このページで詳しく説明したいと思います。




特に大切なのは★の2点です。

★「pH値」と「有効塩素濃度」が明らかにされている

「pH値」と「有効塩素濃度」の表示がない次亜塩素酸水は安全性・除菌力ともに不明ですので買わない方がいいです。

pH値は中性に近いほど安全で、pH5~6.5 < pH5.5~6.5 < pH6.5±0.05 などpHの幅が少ないほど品質が安定しています。

有効塩素濃度は80ppm以上だと人体に刺激などの影響が出ると言われていますが、25ppm以下だと有効な除菌力がないといわれています。

また有効塩素濃度が25~80ppmの間でも、pH値が強酸や強アルカリを示すものは人体に対して有害です。

除菌・消臭用の次亜塩素酸水はこれらにあてはまる「弱酸性次亜塩素酸水」が一つの目安です。

★有効成分が明らかにされている

有効成分の表示がないものは「中身が不明」です。

次亜塩素酸水と一口に言っても様々な製法があり、同じような商品でも成分がまるで違うことがあります。

次亜塩素酸水といいながら次亜塩素酸が含まれていないものすらあります。

成分が示されていないものはやはり買わない方がいいです。



また、下記の情報があるか調べることも製品の信頼性を確かめるポイントになります。

  1. 原材料が明らかにされている
  2. 製造方法が明らかにされている
  3. 使用法や注意点が明らかにされている
  4. 製造者が明らかにされている
  5. 長期間製造販売されている

当社製品の弱酸性次亜塩素酸水CELA

pH値
6.5±0.05
有効塩素濃度
50ppm
有効成分
次亜塩素酸
原材料
希塩酸・次亜塩素酸ナトリウム・水
製造方法
特許取得の専用機による希釈混合式生成
使用方法・注意点
※各商品のページをご確認ください
製造者
応原工業株式会社
販売実績
同じ生成機を使用してCELAブランド(同品質)で10年以上販売


次亜塩素酸水を購入される際に参考にされてください。